くらしの専門店LEONE四日市

COLUMN

LEONESTAFFによるコラム

荷物の受け取りを楽々に 宅配ボックスを設置しませんか?

新型コロナウイルスの感染拡大対策を受け、人と物理的な距離を保ち濃厚接触を避ける「ソーシャルディスタンス」に配慮した生活が求められるようになりました。接触リスクは、家で過ごしていても存在します。例えば荷物が届いたとき、配達業者と顔を合わせることも感染リスクの1つです。こうした社会の現状から、最近では非対面で荷物の受け取りが可能な「宅配ボックス」に注目が集まっています。

宅配ボックスを設置するにあたってのメリット&デメリット

メリット
1. 不在時に荷物を受け取れる

宅配ボックスを設置する主な目的としては、家に誰もいなくても荷物を受け取れることです。家族で暮らしていても、ご夫婦それぞれが仕事で、子どもも学校に通っているため誰もいないという状況はよくあります。自分で注文した荷物であれば配達日時を指定することもできますが、予定外の荷物が届く場合も。宅配ボックスがあれば、荷物の到着時間を気にすることなく毎日を過ごすことができます。印鑑を収納するスペースが付いているタイプや捺印装置が付いているタイプであれば、受け取り時のサインも不要です。

2.非対面式で荷物を受け取ることができる

宅配が届いたタイミングで家にいても料理の最中など、手を離せないタイミングに荷物を受け取らなければいけない場合や、家の中を見られることに抵抗がある方もいらっしゃいます。宅配ボックスがあれば、宅配業者と顔を合わせることなく荷物を受け取れます。新型コロナウイルス感染拡大を防止するための対策にも◎

3.防犯対策につながる
宅配ボックスを設置すれば宅配業者と接触せずに荷物を受け取れるので、玄関のドアを開ける必要もありません。宅配業者を装った押し込み強盗などの不審者が侵入するリスクから身を守ることもできます。
デメリット
1.受け取れない荷物もある

冷蔵品や冷凍品といった配送物は、宅配ボックスに入ったままだと劣化が進んでしまうため受け取ることができません。冷蔵機能付きの宅配ボックスも存在しますが、種類が少ないです。代引き扱いの荷物や貴重品、現金なども受け取れません。また、宅配ボックスの収納量には限りがあるため、荷物のサイズによっては入らないこともあります。

2.同時に2件以上の宅配物を受け取ることができない

宅配ボックスは、一度扉を開閉するとロックがかかります。一般家庭で宅配ボックスを複数個設置するケースはまずないので、短時間に複数の荷物が届いた場合は2つ目以降の荷物は宅配ボックスで受け取ることができません

3.盗難は自己責任、防犯対策が必要不可欠

簡易設置型の宅配ボックスは、ワイヤーや鍵などを壊して宅配ボックスごと盗まれるリスクがあります。固定型の場合でも、不在連絡票が盗られてそこに書かれた暗証番号で宅配ボックスを空け、中の荷物を盗む被害が出ています。対策としては、人感ライト、防犯カメラの設置。スマートフォンと連動できるIoT宅配ボックスなどがおすすめです!

IoT宅配ボックスとは

『IoT』宅配ボックスとはインターネット経由でものをやりとりするということです。IoT宅配ボックスいちばんの魅力といえるのが、スマートフォンと連携している点。荷物到着時の通知はもちろん、リモート操作で宅配ボックスの鍵を解錠することも可能です。一言で宅配ボックスと言っても、その用途は多種多様で、複数の荷物を受け取ることから再配達の依頼までできるのものもあります。

荷物が届くとスマートフォンにお知らせ

●複数の荷物が受け取れる

●集荷依頼ができる

●カメラ機能で荷物を見守り

設置方法

埋め込み型

壁埋め込み型は、宅配ボックスを壁にすっきりと納めたスタイル。インターホンやポストなどと一緒に門塀に埋め込むことで、すっきりとした門まわりに仕上がります。受け取り口を門裏側に設けることで、防犯対策も◎。省スペースでビジュアルに優れていますし、玄関から出ることなく宅配で届いた荷物や郵便物を取り出すことができます。基本的に埋め込みタイプは後付けができないので、門塀を造る際に併せて施工しなければならないのが注意点です。

据え置き型
据え置き設置タイプは文字通り、床や壁に設置するタイプの宅配ボックス。大掛かりな工事も必要なく、一番手軽に設置ができます。設置型の宅配ボックスは、簡易型よりもしっかりとした作りで重量があり小さな金庫のようなタイプです。基礎や外壁などに固定して使用するため、宅配ボックスごと盗まれるリスクは低いでしょう。
独立型
独立タイプは、既存の門柱に追加で宅配ボックスを設置できる人気のタイプです。門柱に収まると、見た目にもすっきりします。新築外構工事の際はもちろん、リガーデンの際に後付けが簡単にできるのも魅力。宅配業者さんの目にもつきやすく、宅配ボックスの存在に気付いてもらえるというメリットもあります。

まとめ

宅配ボックスと一口に言っても、その種類は様々です。気軽に始めたいなら設置型で、後付けなら独立型、新築時から使い勝手を重視して取り入れるなら壁埋込型といった具合で、どんなタイプが合っているかはそれぞれのご家庭の事情次第でしょう。これから外構を作る方は、宅配ボックスの導入を前提に計画を立ててみてはいかがでしょうか?