くらしの専門店LEONE四日市

COLUMN

LEONESTAFFによるコラム

お家にぴったりなフェンス探してみませんか?

まずはフェンスの基本的な知識から

フェンスは、風の影響を受けやすいため、台風や突風でブロックごと破損するおそれがあります。そのため、ブロック上に設置する場合は一部の商品を除き、基本的に高さは120cmまでと制限されています。高さ120cm以上をご希望の場合は、直接地面に柱をたてる独立基礎施工の対応ができます。ブロック上に施工するのか、独立基礎でたてるのかによってもフェンスを選ぶ際の1つの判断基準にもなりますね。ご希望のフェンスの高さがありましたら、現地調査にてご確認させていただきますので、お気軽にご相談ください。

目的に合ったフェンスを選ぼう

敷地の境界線

LIXIL/ハイサモア

LIXIL/アルメッシュフェンス1型

フェンスの使用目的として、1番多いのが敷地の境界線としての設置。フェンスを設置することにより、敷地の境界線が明確になり、敷地の侵入など隣地トラブルを防ぐことができます。境界として設置するなら、写真のような比較的安価なアルミ形材の縦格子フェンスや格子型のフェンスがおすすめです。

目隠しフェンス

LIXIL/サニーブリーズフェンス M型

タカショー/エバーアートフェンス(独立施工)

お家の中やお庭で過ごしていると、お隣さんや道路からの視線が気になることも出てきますよね。そんな方にはプライバシーを守ること目的とした目隠しフェンスがおすすめです。目隠しの種類は、通風性のあるルーバータイプや、光を通す採光タイプなど様々。目隠し効果が高く、通風性のあるルーバータイプが人気です。また、商品によっては横板の隙間幅を変えたり、枚数を変えたりできるので条件にぴったりのフェンスを取り付けることも可能です。目隠しフェンスの場合、お庭で過ごしているときに目線を遮りたいのか、家のリビングで過ごしているときに目線を遮りたいのかによっても、選ぶフェンスの高さは異なってきます。

リビングから目線を遮りたいとき
一般的な住まいの床は地面より50~60cmほど高くなっているので、目隠しフェンスもそれに応じた高さが必要です。しかし、2m以上となると圧迫感や閉塞感が出たり、風通しや日当たりが悪くなる可能性も…。視線に入ってこないギリギリの高さを選んだり、採光性や通風性を備えたタイプを選ぶのがおすすめです◎
お庭で過ごすとき
人目を気にせず、お庭でのびのびと楽しむなら、自分や周囲の人が立った状態でも見えないような高さを選ぶと安心。目安としては地面から140~160㎝ほどの高さにするのががおすすめです。和風や洋風など、お庭の雰囲気に合わせてフェンスのデザインをえらぶのもいいですね!
バスルームへの視線を遮りたいたいとき
お隣との距離が近い場合、気になるのがお風呂場への視線。半透明の窓ガラスでも、夜間は照明でシルエットが見えてしまうことがあります。フェンスを付けるなら、風を通しながらも視線をカットするルーバーや面格子タイプを取り入れるのも効果的◎

防犯対策として

三協アルミ/カムフィ14N

三協アルミ/エルファード1型

以前コラムでお話したように境界線にフェンスを設置すると、敷地内に侵入しにくくなりますので、防犯効果が上がります。しかし、隙間のない完全な目隠しタイプのものはいったん敷地内に侵入されると外から見つけられにくくなるため、中の様子がわかるような隙間のあるタイプや半透明の採光タイプがおすすめです。

外回り・お庭周りのデザイン性を高める

LIXIL/ラフィーネ

フェンスのデザインは豊富にあり、木目調や鋳物、竹垣調、アメリカンフェンスなど、住宅やお庭のデザインに合わせてお好みのものが選べます。敷地を仕切るだけなく、フェンスは外観を飾る重要な要素です。洋風で高級感のあるアルミ鋳物は細かい装飾なども実現することが可能です。曲線にも強く、柔らかな雰囲気を表現できます。コスト面では形材タイプには劣るため、リビング前・メインのお庭部分などピンポイント使いをするのがおすすめです。

緑を楽しむ

LIXIL/エコリス メッシュパネル

メッシュフェンスに植物を絡ませて、グリーンフェンスの様にしたり、フェンスに植木鉢を引っ掛けて飾ることも可能です。ガーデニングを楽しむスペースがないという方にもおすすめ。写真のLIXIL エコリス/メッシュパネルはグリーンフェンス専用の商品です。フェンス上部にあるポケットにプランターを置くこともできるので、植物の成長を待たずとも緑のフェンスを作ることができます。

まとめ

フェンスには様々な役割があり、設置箇所によって目的が変化します。また、設置する距離が長くなればなるほどコストもかかってしまいます。境界を囲うだけなら安価なアルミ形材の縦格子フェンス。目隠しを行いたい箇所にはH1800以上のスクリーンなどを部分的に設置するのがおすすめです。お庭の条件や住まいの条件にぴったりのフェンスを選ぶためにも一度私たちにご相談ください!