芝張りベストシーズン到来!種類やメンテナンスを紹介

芝を張ったら?メンテのスケジュール

芝張りベストは3~5月

夏の暑い時期、冬の寒い時期以外であれば芝を張ることができます。ベストシーズンは3~5月頃。これから暖かくなる季節であり、夏に向けて芝が成長していくので育てやすいです。

芝張りのメンテはこんな感じ

とりあえず大切なこと3つ

雑草抜きを頑張る

芝生も雑草も6月頃から成長スピードが速くなります。雑草が伸びっぱなしになっていると、芝生の成長が妨げられて芝の密度も落ちてしまいます。

芝生の伸びすぎ・刈りすぎに注意
葉が伸びるだけでなく茎も一緒に伸びます。芝生を刈ったけれど、茶色くなってしまったということは、刈る位置よりも茎が成長しすぎてて「軸刈り」という状態になってしまっているからです。生長点を刈ってしまっている状態になるので再生が難しい場合もあります。成長期は刈る頻度を多く、刈込みしすぎず刈っていくことがポイントです。
こまめな水やり

冬場は基本的に水やりはいりません。暖かくなってきたら水やりをはじめます。守ってほしいことは、夏場の日中の水やりはNGです。早朝か夕方の涼しい時間帯にしてください。

お店の芝はどんな感じで育ててる?

冬場は基本的になにもしていないです。GWを過ぎたあたりから芝生とのお付き合いが毎年始まります。こまかな部分はハサミでカットし、それ以外の部分はハンディーの芝刈り機で刈っています。肥料や目土も行っていませんが、それなりに育ってくれています。

やってみようと思われている方は挑戦してみては!?